ダンスイベントを見た、映画のチケットは売り切れてた。

16日の事だった。今日『クレマスター』のチケット発売日だ。東京都写真美術館で11月に上映されるやつ。と思い出して予約ページにアクセスするも、すでに全席販売終了。朝9時の販売開始から1時間で全て売り切れたらしい。うっかり発売日を忘れるようではチケットを買えなくて当然、という事のようだった。そもそもマシュー・バーニーの事よく知らないし、これで良かったんだ。全5作を2日間に渡って全て上映する「クレマスター・サイクル」と呼ばれるこの催しを心待ちにしていた人たちが数百人はいて、その人たちは9時の販売開始からLivePocketのページにアクセスし、会員登録を済ませていなかった人は急いで登録をし、どんどん予約が埋まっていく中で、ある人は望みどおりの席を確保し、ほんのわずかな差でチケットを購入できなかった人たちがいた。そのようなドラマが、それぞれ交わることなく繰り広げられたその時に、私は布団の中で眠っていて、それもある意味でこの離散的ドラマの全体の中のささやかな一部となっている、という事。この事にほんのわずかではあるけれど満足感がある。あるひとつの群像劇に、登場する事の無い登場人物。

そして15日の夜は関内のthe Caveにて、アートフェス「黄金町バザール」における開催イベントのひとつ「ダイバーシティ・キキ・ボール」を観ていた。ダンサーのサン・ピッタヤー・ペーファンによるヴォーグダンスのワークショップに参加した人たち、ダンサーたち、黄金町バザールの参加アーティスト、外国からの観光客といった様々な人たちがレッドカーペットの上で踊ったり歩いたりしたのだった。参加していたダンサーもいろいろで、ヴォーグダンスをメインに踊っている(のかどうか実際のところ分からないけど)人たちのダンスバトルは本当に見応えがあった。目の前で様々なDipを見ることが出来て本当に良かった。ある時はストンと地面に落ちるように、あるいはなだらかな動きで横たわり、体が美しい曲線を描いてポーズしたり、その時足が宙に向かってスッと伸びていたり。80年代を思わせるようなファッションの外国人の方たちが、ダンサーたちのDipの瞬間に手を前に振り下ろすあの動作をしていて、分かっている感じなのが良かった。でもその同じ人たちがランウェイという競技カテゴリー――ファッションショーのように歩き、ポーズ、ターンのみが許可されていて、ダンスしては駄目なルール――の予選に飛び入り参加してガンガン踊っていたのはどういうわけだったのか、それで他の参加者たちも踊っちゃうし、審査員たちもそれにはうんざりという感じで、それは真面目に日本でのボールルームシーンをこれから作っていこうと頑張っている彼女たちにしてみれば当然の事だ。予選後のバトルが始まる前にピッタヤーがランウェイの手本を見せてくれて、さすがに素晴らしくカッコよくて、それが見れたのはある意味ラッキーだった。最後の表彰式で各カテゴリーの優勝者のほかに、ピッタヤーが新たに作ったファミリー「House of Budda」のメンバーからも優勝者を特別に一人選んでいた。多分ワークショップに参加した人たちのために作ったファミリーなのだろう、ダンスを通じて知り合って、それでみんなひとつのファミリーになるというのはとても素敵な事だった。その他にもたくさんの素敵なものを見ることができた。イベント開催前の時間、何度もダンスの練習をしていた小さい女の子たち、Sex Sirenというカテゴリーで煌びやかな衣装を身にまとって、セクシーなダンスを見せてくれた人たち、飛び入り参加でイベントを盛り上げた人たち。