これはこれで良い

http://www.shinchosha.co.jp/rubin/

新潮社が「すごい小説」を刊行するというので読んだ。
「ルビンの壺が割れた」。どんなお話しなのか、読み始める前から期待と不安を与えてくれるという、ドキドキしながら読めるという点で、こういったとにかく煽っていく宣伝が割と好きで、ハイプであれなんであれ、それによってより楽しく読書が出来れば儲けもの。

お話し自体は30年ぶりにネット上で再開した男女の書簡体小説。人物の会話部分やシチュエーションにどことなく幼さを感じるところ、勝手な想像だけれど著者は高校生くらいかと思った。もちろんまるで見当違いということはあるだろうけど、そうだとしたらそれはそれで凄いな、そうじゃなくても別の意味で凄いけど。いくつか面白いところがあったものの、まだ修正途中の原稿という事もあり、内容の細部には触れないほうが良いのだろうか。