the moebius

improv everywhereのことを書こう。彼らがニューヨークのセントラルステーション、グランドセントラルステーションだったか?で一斉に人々が動きを止めるイタズラ(prank)、フラッシュモブを行なったのは何年前のことだったか。とりあえずそういったことは後で調べるとして、今も活動を続けているようだ。最近は16歳の誕生日を迎える女の子のサプライズパーティを地下鉄で開いたり、エレベーターに突然マラソンランナーが乱入してくるなんてことをやっている。そしておそらく彼らの長寿企画であるところのmp3 experimentsやno pants subway ride。彼らは地下鉄が好きだ。

「Frozen grand central」からもう10年が経っていた。公式ページのmissionsから彼らの足跡をgoogle mapで見ることができるようだ。後でチェックしよう。

初期の企画では、町の人々は観客としての役割が与えられていることが多かったようだけど、最近では彼らが仕掛けたシチュエーションの中で、無数の人々の中から誰かが主役として選ばれる、あるいは誰かが状況の中心として名乗りをあげる。そのようなスタイルが中心になってきているようだ。本当にそう言って良いものかどうか、後でもうちょっと詳しく見てみよう。

中断
再開

家に帰って色々見てみたが、improv everywhereの仕掛けるprankのスタイルが変わってきたとか、そんな風に簡単に説明できる傾向があるわけでは無いように感じた。というかそんな事はどうでもよかった。

改めて「Frozen Grand Central」を見る。人々の反応は本当に新鮮だ。「こんなもの見たことが無い」「いったい何が起こっているのかわからないわ」「今まで見た中で一番奇妙な出来事だ」あのころ、それを実際に見た人たちはもちろん、動画でそれを見た人たちの多くも、こんなものを見るのは初めてだった。フラッシュモブという言葉はすでに存在していたのかもしれないが、やはりそれを知っている人は少なかった。3年ほど前の動画、真っ白な全身タイツを着た参加者たちが、GAPでマネキンの真似をする動画では、従業員が911に電話をし「フラッシュモブをやられているから来てくれ」と言っていた。突然ミュージカルを始めたり、何らかの茶番劇が始まったりすると、みんな「あー、なるほどね」とわかってしまう。人々に驚きや感動を与えなくなってしまったフラッシュモブは、ただのはた迷惑な行為になりかねず、今では単にパフォーマンスが優れているかどうかということが問題になるようになった、のだろうか。

彼らのやってきたことの中で、最も面白いと個人的に思っているのは「The Moebius」だ。しかし、これはその模様をまとめた動画自体はそれほど面白くない。舞台はニューヨーク、アスター・プレイスのスターバックス。複数人の仕掛け人が、決められた行動を順番にとっていく。それぞれの行動に関連性があるわけではない。例えば2人組が入店してきて何を注文するか話し合う。別の人物がコーヒーをこぼす。電話をしながら電波の良い窓際に移動する人物。R.E.Mの「shiny happy people」を流しながら入店する人物。
このようなかすかな注意を引くような出来事が特定の順番で1時間の間繰り返される。その場にいる客たちは、しだいにその繰り返しに気づくようになるのだが、そのときのサスペンスの高まり。
一緒にいる友人に話しかける「あの人さっきも来なかったっけ?」。そして店内のいくつかの出来事がループしていることに気づき、その出来事に注意を向け始める。男女二人が入店してメニューを選ぶ。あの男がコーヒーをこぼす。先程の男女が言い争いを初め、女が出て行き、男は後を追う。あっちの席に座っていた人が電話をとり窓際に移動する。トイレから出てきたやつがコーヒーをこぼしたやつの椅子にぶつかる。そら、見てろよ、シャイニーハッピーピープルを流しながら入ってくるやつがいるぞ……ほら来た。何が起こっているのか誰も説明できない。あれは何だったのか。もしその人がimprov everywhereのホームページにたどり着かなかったら、その時の出来事は永久に謎のままかもしれない。

「昔スタバですごく変な経験をしたよ。今考えてみたら何かのドッキリだったんだと思うんだけど。何人かの客の動きがループしててさ。最初気づいたときすごく変な感じがしたな。何かいきなり口論し始めたカップルとかいて。「エッ、あんたらさっきも居なかったっけ」って。でさ、ラジカセもって音楽流しながら入ってくるのがいて、曲名知らないんだけど。そのうちちょっと離れた所でもそのことに気づいたのがいて、周りのやつに説明し始めてんのね。次トイレから出る人があそこの椅子にぶつかるよって。友達は「ヤバイ、ヤバイ」って連呼してるし、みんな次はこうなるぞとか、ああなるぞとか考えてて、もう待ち構えてんの。何か最後のほうは凄い笑えたけど、最初ちょっとホラー入ってたよね。」
だってさ。

Google マップ