ピアソン通り。イギリス、バークシャー州ソニング上空でドローンが一回転

ピアソン通りをドローンが上昇してゆく。バークシャー州のソニングという町で。ソニングはイギリスの町、ロンドンから西へ40kmほどだろうか。ソニングからさらに西へ4kmほどの所にはレディングがあり、その町のテムズ川沿いでは毎年大規模な音楽フェスが開催…

観てきた。KAAT × 高山明 / Port B『ワーグナー・プロジェクト』 ―「ニュルンベルクのマイスタージンガー」―

超大型の台風が来ているらしい。天気図で見るとまだ随分遠くにいるはずなのに、すでに風が強い。台風21号はランという名前、台風委員会というところが予め用意しておいた名前から、それぞれの台風には何かしらの名前がつけられることになっているのだそうな…

Bozo the clown

サーカスの動画を探してみていた流れで、クラウンについても動画を見たり調べたりして過ごしていたところ知る事になったのが、このBozoというクラウン。右の人です。ものすごく顔が白いし、口と鼻が赤くて、髪の毛がえらい事になっている彼はThe world's mos…

サーカスを見に行きたい

何だか急にサーカスを見たいと思って調べたのだけど、サーカスっていつでも見れるものではないようで、来年2月にシルク・ドゥ・ソレイユが来日公演をするようだけど今はやってないため子供の頃にサーカスを見た話しをでっちあげようとしていたら、パソコンが…

素直に好きといえない

印象派という女性二人ユニット?のアルバム「印象派は君に問いかける」を聴いていた。Apple Musicの新着に出ていて初めて聴いたのだけど、これは中々、本心では好きなのに正直に言うのがためらわれるような感じだ。ちょっとひねくれて「うわ、ダセぇ」とか言…

タルコフスキーとホドロフスキーの区別がつかなかったので。

アンドレイ・タルコフスキー『ノスタルジア』を見た。なぜこれを見ることにしたのかというと、私がホドロフスキーとタルコフスキーの違いがわからない間抜けだったからで、ツタヤに行って、あっ、この監督の新作今度上映されるよね~と思ってタルコフスキー…

池袋の公園めぐりをした日記

言葉は何でも切れるハサミみたいなものなんで、何かよくわからないものでも適当に名前をつけてしまえば、それを他のものから分離して切り取ることが出来る。とは言っても何かを名付けるというのはそんなに簡単ではなくて、今いる南池袋公園の様子、思ったよ…

レンタルしてみた映画の感想『ムーンライト』

『ムーンライト』のレンタルが開始されていたので、借りて見た。映画館で見たかったけれど、時間がないまま上映が終わってしまっていたのだ。とても良かった。だけど感想を言葉にするのは難しい。作品を見た後に強烈な印象が残りながらも、それを言葉で表す…

読んでる本の事『石蹴り遊び』

オリベイラはどこにいたのかというと、精神病院にいた。患者としてではない。職員としてだ。パリを離れてアルゼンチンへ帰ってきたオリベイラは、古い友人の、名前はなんと言ったか、「トラベラー」と呼ばれている人物とその奥さんに出会う。オリベイラはア…

Tokyo Art Book Fairに行くも、行列が凄かった日の日記

インターネットが止まっているため、アップするのは滞納している料金を払ってからになるのだ。そして先程滞納金を収めてきたのだ。 ともあれ今年もTokyo Art Book Fairが開催されているので向かう。毎年、行ったはいいが「場違いなところに来た」と感じてし…

UDXと電気街の中央通りの間にある道路、アニメイトの隣にある細長い駐車場には、大量のタバコの吸い殻があって、そこが異様な雰囲気を発していた。そこでタバコを吸い、吸い殻を駐車場に捨てた人たちの影のイメージが浮かぶ。その影たちが非公式の喫煙所を立…

読書感想文 ロベルト・ボラーニョ『チリ夜想曲』

まだ読み終えていないが、ここまで段落なしでひとつなぎになった神父の回想が延々と続いている。出来事から出来事へ、場所や時間がスムーズに変化して、気がつくと別の話題に移っている。話の流れの中で何人もの人物が突然現れるのだが、それが突然のことに…

下北沢に奇抜な髪色の人たちがチラホラと、赤、青、黄色、紫や白、ツンツン尖ったウィッグを付けて下北沢を練り歩き、路地でポーズ、写真撮影。いったいどんなイベントが?と思って調べてみれば、 www.cosplaycossan.com こんなイベントが引っかかる。 交通…

日産アートアワード、石蹴り遊び、横浜トリエンナーレ

日産アートアワードを見に遠路はるばる横浜へ、馬車道駅で降りてスリランカ料理店で昼ごはん。 道中でラ・マーガはロカマドゥールが死んでいることに気がつき、上階の老人が罵声を浴びせながら降りてきて、オリヴェイラは出ていった。数日後にラ・マーガもま…

ダンスイベントを見た、映画のチケットは売り切れてた。

16日の事だった。今日『クレマスター』のチケット発売日だ。東京都写真美術館で11月に上映されるやつ。と思い出して予約ページにアクセスするも、すでに全席販売終了。朝9時の販売開始から1時間で全て売り切れたらしい。うっかり発売日を忘れるようではチケ…

本を作って1冊も売れないという事

ふと、何か本を作ってそれを即売会(コミケとか文学フリマとかzineのイベントとか)で販売する事を想像した。駅に向かう道の途中、交差点で信号待ちをしているときに。そのすぐ後で頭に浮かんだのは、一人でイベントに参加して7時間ぐらい椅子に座り続けた挙句…

宇宙人が侵略してくる映画を観て

地球に宇宙人が侵略してきたとして、そいつらが人類を抹殺しようとするとは限らない。例えば彼らから見たときに人類と他の地球上の生物たちは、わざわざ区別する必要がないくらい等しく下等な生物たちと見えるかもしれない。彼らが植物と動物を違ったものと…

9月9日の日記か

部屋から外に出る。13時前。今日は天気が良くて、明るい日差しが目に飛び込んで来ると、パッと気分が晴れる。 部屋から出てどこかに行く事ができる、というだけで少し達成感がある。 今日は図書館に、本のない図書館に行こうと思う。芸大附属図書館が引越し…

先日観た映画『パターソン』の監督ジム・ジャームッシュは言わば映画で詩を書く詩人だし、『日曜日の友達』の阿部共実は漫画で詩を書く詩人(時々詩そのものみたいなモノローグやセリフもあるしね)なんだな、とふと思った。そうすると詩を書かない詩人は皆「…

クラウス・メルツ『ヤーコプは眠っている』、ジム・ジャームッシュ『パターソン』

クラウス・メルツ『ヤーコプは眠っている』を読んだ。何だかとても感動してしまった。 その瞬間、私は父の言葉の向こうに若い二人のシルエットが光り輝くのを見た。 そしてこの物語の中で語り手が回想する過去の思い出から、読者は彼らの家族、「太陽」と呼…

快復してきた

朝まで酒を飲み、そのせいで翌日は何も出来ずに終わる。二日酔いと後悔でベッドから出られなくなるし、それでようやく外に出たのが18時頃。前日のアルコールが抜けて体が元に戻っていくとき、酔いの高揚感が消えてゆく反動か、とても気分が落ち込む。この落…

今更ながら、5月に出てたBurialの新曲『Beachfires』、映画『メッセージ』の『First Encounter』っていう曲に似ているところがあって、おおっと思った。パクリだとかそういうことじゃなく、良いじゃん、と思ったのだ。実際のところ映画の影響があったかどう…

日記:日比谷公園にて、NEWTOWN

あーベロベロに酔っ払っているけど、今日の日記を書いておかなきゃ。もうわけわからなくなっているけど、メモによると今日は16:10頃に代々木駅についた。目的はexpop?だかcinra だかのイベントで、「newtown 」っていうのだったと思うけど、駅についてA14出…

death drops

www.youtube.com セーラームーンとワンダーウーマンがヴォーグダンスで対決している動画を見ていた。セーラームーンの方がInxi Prodigyというダンサーで、ワンダーウーマンがLasseindra Ninjaというダンサー。Lasseindraさんはフランス、パリで盛り上がりを…

アピチャッポン・ウィーラセタクン『フィーバールーム』を思い出させたミュージックビデオ

youtu.be Kygo & Selena Gomez『It Ain't Me』MVの3:38からの所、アピチャッポンの『Fever Room』みたいになってて笑った。 youtu.be Imagine Dragon『Believer』、2:25から。お前らもか。いや、パクリだとか影響を受けているとか言いたいわけではなくて、そ…

soundies

www.youtube.com あまりに映像がキレイなので、現代の人達が40年代の音楽に合わせた白黒動画を作って、それをアップしているのだと思ってしまった。どうやらそうではなくて、これらのミュージックビデオは実際に1940年代に作られたもので、テレビ型のジュー…

田中功起『Provisional Studies: Workshop #7 How to live together, and sharing the unknown』についての感想でも何でもないただの雑文

何人かの人達がガラス張りの部屋の中を歩き回っている。現代美術家・映像作家の田中功起が現在作品を展示している展覧会「ミュンスター彫刻プロジェクト」、ドイツのミュンスターにて行われているその展覧会で、彼の映像作品の展示に使用されていた機材、プ…

今日は渋谷で映画を観て、それから代々木公園に行ったらアフリカン・フェスティバルというのが開催されていた。ビールと肉を食べて、ライブを少し見て帰ってきた。映画館ではほとんど寝てしまったため、映画を観たというよりも、映画館で寝たというのが正し…

「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」展に行った

秋葉原駅から山手線神田駅、地下鉄に乗り換え銀座線日本橋駅から東西線竹橋駅へ。階段を上り地上へ出ると相変わらずの曇り空だった。左手に皇居、まばらに走るランナーを眺めながら横断歩道と橋を渡ると東京国立近代美術館に着いた。受付でチケットを購入し…

ストリップを見に行こうと思ったのは

ストリップを見に行こうと思ったのは先週の土曜日の事だった。金曜日かもしれない。どんな場所なのか、実際どのようなショーが行われているのか、という事に興味があったわけではない。そういった「社会科見学」のような気持ちで、どこか俯瞰したような態度…